株式会社仙北ドローン開発 | 農薬防除・除草薬撒布
189
page,page-id-189,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

農薬防除・除草薬撒布

操縦にはオペレーター認定が必要です。自分自身で持っていたとしても勝手に操縦は出来ません。

オペレーター認定には(一社)農林水産航空協会指定の教習所で、ガイダンスに沿った10単位程度の学科と実技を履修する必要があり、研修期間は実技の面で受験者次第となるが、おおむね2~3日程度を予定しています。その後、技能や人柄を含めて、同協会から認定されます。

認定後、無人航空機で防除を行う前に、(1)飛行申請書を提出し国土交通大臣の許可・承認、(2)防除の計画書が必要となる。(1)に関しては同協会の代行申請や個人申請などが可能。(2)は農水省の「空中散布等における無人航空機利用技術指導指針」に則った計画書を前月までに各地区協議会を通じて提出する必要がある。  (一社)農林水産航空協会の担当者は同技術に関して「同じ高さでまっすぐ飛ばせる」ことが重要である。
免許が必要になってきます。